早わかり!畳の張替えお役立ちガイド

畳の張替えは比較してから検討しよう

自宅に和室があるという方も沢山いらっしゃるでしょう。和室には畳が備えられていますが、経年劣化や使用頻度によって劣化してきてしまいます。自宅にペットや小さなお子さんがいる場合は早めに張り替えよう検討されることをお勧めします。張替えの際は比較する事から始めてみてください。

この比較サイトでは簡単に目的の業者を探し当てることが可能です。費用や地域、サービス内容など用途に合わせて業者を選ぶことが出来るので失敗するリスクも少なく済みます。また、人気の高い業者が一目で判断出来るようにもなっております。

さらに口コミ情報などを参考にする事によって、ホームページだけでは判断出来ない情報を知ることが出来ます。口コミ情報の場合、家庭環境や状況によって情報も変わってくるので、なるべく条件の近い方の口コミを参考にされると良いでしょう。

まごころ畳

公式サイトはコチラ

ポイント

  • まごころ畳は畳の張替えをしたい方に役立ちます
  • まごころ畳なら充実のサービスを提供してくれるので安心です
  • まごころ畳なら見積りも無料で行ってくれます

まごころ畳は畳の裏返しや、表替え、それからふすま替えや障子の張替え、それから網戸の張り替えなどをおこなっている業者さんです。こちらの業者さんなら、材料費や配達料金、手間など全て含まれているので安心して依頼をする事が出来ます。

それからまごころ畳なら畳を買える際の家具の移動であるとか、転倒防止などの器具をつけてくれるなど、充実のサービスを提供してくれます。それから、畳のサンプルを見ることができるので商品に納得してから張替えをする事が出来ます。

それからまごころ畳なら見積りも無料で行ってくれます。その際、平日はお仕事で忙しい方でも土曜日や日曜日など休日に来てもらう事ができるので便利です。こちらの業者さんならアフターサービスも万全なので便利です。

とりまつ畳

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 広域での事業展開をしていること
  • それぞれの身の丈にあった品質のいい畳を用意していること
  • それぞれの家庭の事情に応じた対策をしていること

とりまつ畳株式会社は平成18年4月に設立された会社です。現在の本社と本社工場は愛知県の小牧市に所在しています。会社では本社以外に埼玉、郡山、長野、福岡、広島に支店または営業所と工場を、横浜と静岡にそれぞれ営業所を構えています。

なおすべての活動拠点で定休日は基本的に存在せず、土休日も活動しています。会社の事業内容は畳や襖や建具の製造ならびび販売です。そのうちの中心となる畳は畳自体の新規製造だけでなく、既存の畳の張替えも行っています。

畳の材料は熊本産と中国産の2種類を用意していて、中国産は2ランク、熊本産は4ランクで販売しています。これとは別にイ草ではなくて高級和紙を使用した健康畳を取り扱っています。一方で襖は6種類、障子は4種類、網戸は3種類の商品を取り扱っています。これら畳と襖と障子と網戸の張替えは新調が提供できる地域は関東と東海と甲信越と中国地方のすべてのエリア、東北は宮城と福島と山形の各県、福井と滋賀、九州は宮崎と鹿児島を除く各県となります。

カインズホーム

公式サイトはコチラ

ポイント

  • カインズホームは畳の張替え表替えが出来ます
  • カインズホームならいぐさのグレードも豊富にあります
  • カインズホームなら全国対応なのでどこからでも依頼が出来ます

カインズホームなら、畳の張替えや表替えをしたい方に役立ちます。受注件数も2017年には200000件を達成しており、オプションで防虫シートや炭シートなども敷くことが出来て思い通りの畳を敷くことができます。

それからカインズホームならいぐさのグレードも豊富にあります。それからこちらの業者さんなら中心部分の色合いが揃っていて美しいものがあります。それから、太いいぐさで目が詰まった畳になるので仕上がりがとてもきれいなものが出来ます。

それから、カインズホームなら全国に208店舗あり、確かな実績があります。また、現地調査や見積りも無料で行ってくれるので、予算が知りたい方だけでも簡単に知ることができるので便利です。

京たたみ匠・もとやま畳店

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 卓越した伝統技術を有する技能士が施工してくれる
  • 長年の経験を駆使して一枚一枚丁寧に作られた、最高級の「京たたみ」を使用
  • 無料出張エリア内は、見積もりや採寸、引き上げなど全て無料で対応

この「京たたみ匠・もとやま畳店」では一般の家庭のみならず、国宝級の神社仏閣から、お茶室などありとあらゆる場所への畳の張替えを行っています。日本全国は勿論の事、海外での注文を受けた実績もあり広く対応しています。

プライドを持った一流の技能士の方々が、全国から取り寄せた最高級の素材を使い、高度な技術と丁寧な作業で畳を作り上げていきます。中国産のい草が使用される事が多い中、もとやま畳店では国産い草にとことんこだわり、その中でも特に上質ない草を生産している農家の方々から直接仕入れを行っています。

もとやま畳店は京都にありますが、そこで作られた最高の畳を全国に届けてくれます。遠方でも対応していて、無料出張エリアを拡大しているようなので一度問い合わせてみると良いと思います。

株式会社あたらし

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 畳張替えのプロが自宅にお伺いします
  • 企業が一貫となりリサイクル活動に取り組んでいる
  • アフターサービスもバッチリ完備

株式会社あたらしは畳の張替えのプロが集まっている企業です。畳についての知識が豊富なプロが自宅までうかがい、畳についての疑問などにも答えてもらえますので、初めて畳の張替えをする方でも安心して依頼することが出来ます。

張替えた畳というのは、企業が一貫となりリサイクル活動に取り組んでいるため、破棄をする際にも、リサイクルに力を入れています。自然を守りながら、美しい日本の住まいを守るという活動をしているため、環境保護を心配されているかたでも安心ではないでしょうか。

株式会社あたらしでは、畳の張替えを行って終わりではありません。畳の張替えを行ない、その後に不安なことが生じた場合には、きちんとアフターサービスも行っていますので、張替え後の不安なことも解消してくれます。

金原畳店

公式サイトはコチラ

ポイント

  • 金原畳店なら畳ドクターがいるので安心です
  • 金原畳店の材料は全て純国産品なので安心です
  • 金原畳店なら手間を惜しまず安心安全な仕事をしてくれます

金原畳店は畳の張替えを検討している方に役立ちます。1級技能士の畳ドクターが責任をもって施工をしてくれます。しかも、こちらの業者さんは大正6年に創業して以来、豊富な経験と実績があります。そのため、初めて依頼をしたい方でも安心して依頼をすることが出来ます。

それから金原畳店なら、使用している材料も国産のみの畳表を使用しているので安心です。それから、即日に仕上げてくれるだけでなく、畳を移動させる際の家具移動も無料で行ってくれるので、一人暮らしの方でも安心です。

それから金原畳店ならカッター補修などをすることがなく、手間をかけて安心で安全な仕事をしてくれます。施工の価格も分かりやすく明確になっているので、安心して依頼が出来ます。

畳の張替えのご依頼は田舎街にあるところがお勧め

もう現在では、東京都や横浜市、大阪市その他の大都会内の界隈では、小規模な畳職人の方が経営をしておられるお店とかを見掛けたりするような事がめったに無くなりましたが、それだけに年々、畳専門の張替え事業者が減少をしている事自体は間違いがありません。こうした時代的にも実に、日本国内でも深刻な状態でもある様子ですが、それだけに、良質な張替えサービスをしてくれる畳職人や専門事業者などが生き残っているという面もありますので、決して悲観をしたりする事ばかりでは無い点を、理解をしておく事も大切です。大都会や巨大都市部とかにおいて、ほぼ、壊滅的なところがある畳職人である小規模事業者という実態でもありますが、しかし一方、地方僻地の地域や地方のところにおいては、幾ら田舎街などとは言っても、中々信頼出来る腕の良い職人さんとかも存在している事もあります。

そして、地方などの田舎街にある畳職人による専門店、小規模事業者などではあっても、決してバカにしたりする事は出来ません。都会や大都市とかにある、畳職人や事業者などは、そこにしかないオリジナルの張替えの技術、そして各自なりの誰にもマネが出来ない持ち味、それらのものを持っている強みというものがありますので、これに基付いて、張替えをしてもらうといった方法も、中々無視できませんので、一度は直接確認をしてみる事も、大変重要です。こうした各職人や事業者による独特の技術のあり方というものも、畳を大切にしていくといった意味でも、長年の先代の方々から受け継いできた事はもちろん、それら自体がきちんと、そうした方々による経験や体験などから体系付けられたりしているものでもありますので、これを大いに活用をしていく価値はあります。

そして田舎街ならではの良いところとしては、何と言ってもやはり、大都会・巨大都市部にある専門業者が見積もる値段の価格相場に比べて、低価格からなる設定でありながら、大変良質で丁寧な施工の仕方でやってくれるところが多いので、こうした面でも大変お勧めなところが確かにあります。たまにはそうした理想的なものとは程遠いところもあったりはしますが、それでも、明かに大変良質な職人ならではの腕の良さといったものはありますので、その点は中々、見逃せないところがある事は確かです。また、比較専門サイトとかの利用をして、探す事と見つけた際に選択をしていくといった方法も無い事はありませんが、そうした媒体の利用自体はあくまで、補助的なもの程度にしておいたような感じがします。自分で直接見つけたところを優先的にコンタクトを採って、それに付随させていくという形での利用が、やはり理想です。

MENU