早わかり!畳の張替えお役立ちガイド

畳に張替えるメリットとデメリットとは

TOP > 畳の張替えの豆知識 > 畳に張替えるメリットとデメリットとは

畳に張替えるメリットとデメリットとは

日本国内で古くから床材という形で活用されてきた畳ですが、近頃では琉球畳もしくはカラー畳などデザイン性のあるタイプが増加しており、若い世代にも人気になっています。
畳床に関しては伝統的には藁を活用することによってしっかり作るものでしたが近頃ではポリスチレンフォームといった新建材製のタイプが多く、藁といったナチュラルな素材を使ったものはコストがかさむことを理由に減ってきています。
また、関西、関東など地方都市によって古くからある伝統を受け継いだサイズが違いますが、いずれも縦横の比率に関しては1:2になっています。
畳表の素材のい草には自然の抗菌作用があるため、湿気の多い国内の気候に最適です。
畳の張替え、あるいは表返しなど、お手入れによって利用し続けられることも人気の要因です。


畳については大気の中にある水分を吸収、放出する機能を持ち合わせています。
日本国内の梅雨から夏期間は多湿で不快ですが、畳が湿気を吸って部屋の中の湿度を抑えます。
正反対に、寒い時期は乾いた部屋の中に水分を出してくれるので、乾燥に歯止めをかける役割を担います。
畳はナチュラルな素材のひとつであるため、調湿機能が備わっています。
ただし、畳の許容量をオーバーするとダニ並びにカビが生じやすくなるので、定期的に換気に取り組む、あるいは湿気を逃すために下に除湿剤を敷いておくと良いでしょう。
また、 畳に関しては、原料のイ草が1本1本空気を内包していることから、非常に高い断熱に対する機能を持ち合わせています。
断熱に効果的な対策として活用される二重窓並びに複層ガラスは、二枚のガラス間に空気層を作ることを通して断熱効果を上げています。
空気につきましては熱伝導率が低いことから、空気をたくさん含む畳も断熱効果があります。


デメリットとしては畳表の材料のい草がデリケートな点があります。
フローリングと比べて手入れに手間が掛かり、蒸し蒸しした周辺環境ではダニやカビが生じる可能性があります。
また、 畳上にドリンクや食べ物をこぼすとすぐ染みこみます。
フローリングについても水分を吸収しますが、畳のほうが吸水が早いのですぐ拭かないとシミが残ります。
また、 ダニは湿気が非常に多い周辺環境を好むことから、畳が湿気を吸引した状況が継続していくとダニが生じやすくなります。
換気に関してはダニにとっての大敵のため、ダニの発生を阻止するには一定期間ごとの換気を欠かすことが出来ません。
まめに掃除及び換気を実施していればダニが生じにくくなります。
さらに、畳はやわらかいため、長期にわたり同一の場所に家具を置くと跡がつきます。

次の記事へ

MENU