早わかり!畳の張替えお役立ちガイド

畳の張替えについて知っておきたい事

TOP > 畳の張替えの豆知識 > 畳の張替えについて知っておきたい事

畳の張替えについて知っておきたい事

畳も張替えをしないでそのままにしておくと、変色してきたり表面がぼろぼろになってきます。
こうなってしまうと汚らしい感じになってしまい、畳本来の機能も果たす事が出来なくなってしまいます。
畳も張替えるタイミングがある事を知っていますか。
畳表の交換は一般的に三年から五年と言われています。
もちろん擦り切れてしまったり汚れが目立つ場合は、もっと早いタイミングでの交換もあり得ます。
裏返しや張替えする事で畳本来の色がよみがえるので、部屋の印象も清潔感のある明るい雰囲気に戻す事が出来ます。
最初の張替えは全交換する必要はなく畳表だけで十分です。
全交換しない分張替えの料金も安く済み、新品と同じような効果を味わえるので必ず時期が来たら行いたい作業です。
複数の会社を比較して選ぶと後悔することのない交換が出来るでしょう。


畳本来の機能というのはどういう効果の事を言うのでしょうか?これを知っていると、いかに張替えが大事で畳が人の生活に役立っているという事がわかります。
い草が畳表の原料なのですが、い草には気分を鎮静化させる効果やリラックス効果や森林浴効果がある事が分かっています。
他にもい草独特の香りがあることから臭いを消臭する効果もあります。
日本で発明された畳がずっと生活に根付いているのは、日本独特の気候によるところも大きいです。
特に梅雨の時期から真夏にかけては湿気を含んだ空気で非常に気持ち的に盛り上がらない感じになります。
畳は湿気を吸収する働きがあるので、和室でセットになっている確率の高い障子と合わせて湿度調整をしてくれます。
気分を高めてくれる効果と合わさって、嫌な季節も過ごしやすくしてくれるすごい床材なんです。


畳はすぐに全交換するものではなくて、交換方法に順番があります。
まず使用頻度の高い部屋に敷いてある畳なら裏返しでリフレッシュします。
これは今まで裏部分のい草を表部分に持ってくる方法で、同時に縁の部分も新しくします。
裏返しをしてさらに汚れや擦り傷などが目立つようになってきたら畳表の交換になります。
中の芯の部分は今までの物を使用するのですが、表面は全くの新しい物になるので見た目は新品と変わりません。
畳も使用状況によりますが十五年程度経過すると、芯の部分も傷んできて歩いているとフワフワするような感じになったり沈み込んだりする場合があります。
同時に表面も擦れて白っぽくなっているようだったら、畳の寿命がきたサインです。
張替えでは対応できないので、思い切って交換してしまいましょう。

次の記事へ

MENU